ヲタク系女子がママになりました

漫画とアニメとゲームをこよなく愛する日々に、育児が追加されました。

【在宅ワーク初心者向け】売上の仕訳がわからない!


 
去年の夏から在宅ワークを始め、白色申告で確定申告をしました。
 
日商簿記2級は持っているけれど、経理の実務経験はゼロ。確定申告はしたことがありますが、個人事業主としての申告はもちろん初めて。決算整理もこれで大丈夫だろうか……と不安いっぱいで、ググりながらの作業でした。無事に還付金ももらえて、一息ついたところで、ようやく冷静さを取り戻したとき。
 
「そういえば、あの会計処理でよかったのかな……?」
 
調べてみると、使用していた勘定科目が厳密には意味が違うことが判明。ただ年度末で締めた帳簿だったために変更は不可。簿記では一度決めたルールは基本、変えることはできません。
 
私はもう変えることはできませんが、せっかく調べたので、備忘録がてらまとめておこうと思います。
 

 

仕訳について

クラウド型会計ソフトでは、売上が確定すると明細が自動取り込みされます。今回は、MFクラウド確定申告を使った場合での仕訳例を解説しますね。

補助科目の入力は任意ですが、入れておいたほうが内容がわかりやすいです。補助科目の追加は、設定 → 勘定科目の設定 → 補助科目追加(一番下)で作成できます。
 

クラウドワークスでの売上について

承認・検収が完了すると、報酬が確定します。報酬の際に引かれるシステム利用料は経費になります。

ランサーズと違い、自動取り込みされた売上高は「システム利用料込みの金額」です。このままだと、仕訳帳や総勘定元帳で「諸口」と表示され、相手科目がすぐに判別できません。

そのため、明細を二つに分けます。多少面倒ではありますが、税理士から指導もされたことなので、おそらくこの方法がベストなのだと思います。確かに集計も楽になりましたし。

プロジェクト方式など明細が二行の場合、摘要欄は一行目のみ入力された状態になります。このままだと総勘定元帳の出力時に摘要欄が空欄になるので、摘要欄を二行目にもコピーペーストします。

タスク方式の場合

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
1/12売掛金クラウドワークス27 売上高クラウドワークス27 案件名

  • タスクはシステム利用料がなしのため、一行のみ。
  • 売上はまだ入金されていないので、売掛金で処理。
  • 補助科目はすべてにクラウドワークスと入力。
  • タスクは金額も低く、多くが会社名不明のため、クライアント名は省略。

 

プロジェクトの場合

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
1/20支払手数料システム利用料1,566 売上高クラウドワークス1,566 A商社様 案件名
1/20売掛金 クラウドワークス6,264 売上高クラウドワークス6,264 A商社様 案件名

  • 売上からシステム利用料を引いた差額が手取りなので、売掛金で処理。
  • 売掛金、売上高の補助科目はクラウドワークスと入力。
  • 売上高7,830円から、1,566円と6,264円に2行に分ける。
  • システム利用料は支払手数料(雑費でも可)で処理。補助科目はシステム利用料。
  • プロジェクトは金額が大きいため、案件名の前にクライアント名を追加して入力。会社名や個人名がわからない場合は、クライアントIDをコピペ。
  • 摘要欄は一行目をコピーし、二行目にペースト(総勘定元帳に反映させる)。

 

クラウドワークスから入金があった場合

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
7/15普通預金楽天銀行10,529 売掛金クラウドワークス10,529 カ)クラウドワークス
7/15雑費振込手数料100 売掛金クラウドワークス100 カ)クラウドワークス

  • 入金があったときは、売掛金が減少し、普通預金が増える処理。
  • 普通預金の補助科目は銀行名。
  • 売上時と同様に、ここでは売掛金の金額を2行に分ける。
  • 振込手数料は雑費で処理。年間の累計額が少ないものは雑費。支払手数料でも可能ですが、正式には雑費がいいようです。
  • 摘要欄は一行目をコピーし、二行目にペースト(総勘定元帳に反映させる)。 

 

ランサーズでの売上について

承認・検収が完了すると、報酬が確定します。
以下は、MFクラウド確定申告で明細を自動取り込みしたときの仕訳例です。

タスク方式の場合

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
5/20売掛金ランサーズ324 売上高ランサーズ324 案件名
5/20支払手数料システム利用料65 売掛金ランサーズ65 案件名

  • 自動取り込みされると、上記のように明細が別々に分かれています。

 1. 利用料込みで報酬を一旦、全額受けとった処理(売掛金に利用料を含める)
 2. 報酬からシステム利用料をランサーズへ払った、という処理(売掛金の減少)

  • 売上はまだ入金されていないので、売掛金で処理。
  • 売掛金・売上高の補助科目はランサーズ。
  • タスクは金額も低く、多くが会社名不明のため、クライアント名は省略。
  • システム利用料は支払手数料(雑費でも可)で処理。補助科目はシステム利用料。

 

ランサーズから入金があった場合

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
7/15普通預金楽天銀行1,200 売掛金ランサーズ1,200 ランサーズ
7/15雑費振込手数料100 売掛金ランサーズ100 ランサーズ

  • 入金があったときは、売掛金が減少し、普通預金が増える処理。
  • 普通預金の補助科目は銀行名。
  • 自動取り込みでは売掛金1,300円なので、1,200円と100円と2行に分ける。
  • 振込手数料は雑費で処理。年間の累計額が少ないものは雑費。支払手数料でも可能ですが、正式には雑費がいい模様。補助科目は振込手数料。

 

明細を自動取込できる会計ソフトの紹介

クラウドワークス・ランサーズの明細を両方連携できるのは『MFクラウド確定申告』のみ。
私みたいに面倒くさがりの人にとって、とても頼りになる会計ソフトです。ちなみに個人事業主向けが「MFクラウド確定申告」、法人向けが「MFクラウド会計」と名称が違いますのでご注意を。
 

 

各種銀行やAmazonなど、連携が多いところは『クラウド会計ソフトfreee』です。
簿記の知識がない人にこそ、おすすめしたいソフトです。1ヶ月の無料期間もあるので、興味があれば一度お試しあれ。
 

 

会計ソフトで有名どころといえぱ、『弥生会計 オンライン』
クラウド系ならMacでも使えるところがうれしいですね。会社などで、実際に使った経験があるなら操作も安心なのではないでしょうか。