ヲタク系女子がママになりました

漫画とアニメとゲームをこよなく愛する日々に、育児が追加されました。

クレジット払いの計上日はいつ?

クレジットカードは楽ですよね!
 
MFクラウド確定申告freeeなどのクラウド型会計ソフトだと明細も自動取りこみされるし、現金勘定も使わなくていいし、何よりポイントも貯まります。しかし「いつ計上すればいいのか」と迷う方も多いのではないのでしょうか。
 
計上日の考え方について、主に2通りの方法があります。それぞれメリットとデメリットをまとめましたのでご覧ください。
 

 

クレジットカードの計上日について


 
事業用のカードを使った場合の仕訳例です。引き落とし先は事業用口座になります。
どちらにするかは好みで選んでいいと思います。その場合、ずっと続けられそうな処理を選ぶのがポイント。
 

1.引落日に経費として計上

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
11/27水道光熱費9,582 普通預金9,582 電気代
12/31水道光熱費14,512 未払金14,512 来年支払いの電気代

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
1/27未払金14,512 普通預金14,512 年末の未払い電気代

メリット :毎月の引き落とし後の計上だけでいい。
デメリット:年末に決算整理が必要。年末に利用した分を未払費用として計上し、翌年、引き落とした分を未払費用で相殺させる。
 

2.利用日で未払費用を計上し、引落日に未払費用を相殺

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
5/7水道光熱費5,333 未払金5,333 電気代
5/27未払金5,333 普通預金5,333 電気代の引き落とし

メリット :利用日ですぐに経費が計上できる。
デメリット:毎月、未払費用の相殺が必要。チェック作業が増える。
 

クレジット払いでの諸注意

クレジット会社の利用代金請求明細書の保管はもちろんですが、お店などでもらうカード利用明細書(or請求書or領収書)も一緒に保管してください。
どちらかだけではなく両方セットでまとめるように、税理士さんから指導されました。

 

プライベートのカードで支払ったとき

駆け出しの個人事業主フリーランスの方は、事業用カードではなく、プライベートのカード払いをされている方も多いと思います。

そんなとき活躍するのは「事業主借」の勘定科目。
使い方は、上記の仕訳例でいうと普通預金を事業主借に置き換えるイメージです。2番の方法を採用した場合、引き落とし日の仕訳はなしです。

取引日借方貸方摘要
勘定科目補助科目金額 勘定科目補助科目金額
1/27水道光熱費14,512 事業主借14,512 電気代

 

法人カードについて

収入が安定していないので、私はまだ持っていません。ゆくゆくは……と考えてはいますが、さて何年後になるやら。

メリットは多いので、事業が軌道に乗ったら、カードの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

メリット

  • 個人事業主でも申し込みができるカードもある。
  • プライベートと分けることで、経費の差別化ができる。
  • クラウド型会計ソフトでデータの自動取りこみができ、仕訳が楽になる。
  • 年会費を経費にできる。
  • 年会費が無料もしくは実質無料のカードもある。

デメリット

  • 申し込み審査が厳しい傾向。会社設立して3年後や固定電話が必須など。
  • サービスは手厚いが、年会費が高額。

余談ですが、事業主借ばかり多用していると、税務署から目をつけられる恐れアリ。
 
開業したての個人事業主はプライベートのカードで決済することは認められていますが、収入が安定してきたら法人用カードを作った方が無難かも。なお、クレジットカード会社は経費での使用を認めていない規定が多いので最悪、カード利用停止になることも。
 

個人事業主向けのクレジットカード

私が気になっているのは以下の二つ。収入が増えたら事業用として切り替えを検討したいなと思っています。
 
ライフカードビジネス
年会費が永久無料 ※ゴールドは年会費2,000円(税別)
 
EX Gold for Biz S iD×QUICPay
年会費2,000円(税別)※初年度無料