読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタク系女子がママになりました

漫画とアニメとゲームをこよなく愛する日々に、育児が追加されました。

ダンボールなのに可愛いブックシェルフ


 
絵本が増えてくると収納場所に困りますよね。絵本が収納できる本棚を探したところ、どれも高くてびっくりしました。
 
これから落書きが増えるだろうし、子どもが大きくなれば不要になるかもしれない。というか、そんな高価な絵本棚を買う予算なんかないよ……と絶望していたとき、『ひよこクラブ』に掲載されていたブックシェルフを発見しました。
 

 

ダンボールと思えない可愛さに一目ぼれ


すっきり片づく 絵本が読みたくなるブックシェルフ たまひよSHOP
 
絵本の高さが子どもの目線に合っているので、取りやすいようです。ママが「ねんねだよ。絵本をもってきて」と言うと、笑顔で走っては持ってきてくれます。やっぱり自分で好きな絵本を選ぶということが楽しいみたいですね。
 
子どもは背表紙を並んで置くと、どこに探している絵本があるのか、判断がつきにくいみたいです。自分の欲求が通らないと大泣きするので、絵本の表紙が見えるように置くほうがお互いのためにもいいのかもしれません。
 
組み立ては部品が大きいため大変でしたが、雑誌についていた付録を組み立てるのを思い出しました。意外に楽しかったです。制作途中は無事にできるのかなと不安いっぱいでしたが、完成したときは達成感がありました。
 
ちなみに、本棚として利用する場合は下に重しがあると安心です。我が家ではひよこクラブ1年分を収納することで安定感を確保し、子どもの突撃で本棚が倒れることを防いでいます。
 

おすすめポイント

・木製と比べて安いため、気軽に買える
・軽いので移動も楽々
・リビングに置いていても違和感がないデザイン
ダンボール素材だから不要になったときも処分が簡単
・子どもが落書きやシールを貼っても問題ない
・おもちゃを収納できる箱つき
・ひよこクラブも収納できる
 

欠点を挙げるならば

見た目が可愛かろうと、結局はダンボールなので強度は期待できません。乱暴にゆさぶるとパーツがずれますし、凹むこともあります。
 
我が家はガムテープで補強を繰り返しています。長く使うためには、補強はおそらく必須になるかと。ただ子どもは成長するにつれて親の言うことがわかってきますし、次第に別のことに興味が向くはずです。一過性のものだと割り切って、しっかり補強してあげてください。
 

違うデザインもあるのでお好みで


イルムスすっきり片づく 絵本が読みたくなるブックシェルフ たまひよSHOP
 
ぱっと見、キッズ用とわからないようなデザインもあります。こういうシックな感じにも惹かれますね。
 
ブックシェルフを買ってからは、お部屋がすっきりになりました。親も絵本を探しやすくなったので、「今日はこれを読もうか」とスムーズに取り出せるのでストレスがないです。それに何より、おもちゃも収納できるのは本当にありがたい。集合住宅だとスペースが限られるので、こうした収納場所はとくに重宝します。
 
お部屋が片付かなくて困っている方は一度、購入を検討されてみてはいかがでしょうか。