ヲタク系女子がママになりました

漫画とアニメとゲームをこよなく愛する日々に、育児が追加されました。

仕事が捗らない時に試したいこと9つ


 
「働いたら負け」という言葉もありますが、現実としては「働かざる者食うべからず」です。生きるためには働いてお金を稼がねばなりません。
 
天職だと思っていても、仕事が捗らない時はよくあります。社会人になって12年目となる私の解決法や、職場の先輩方から伝授された乗り切り方のコツをご紹介します。
 

 

仕事が捗らない原因を考える

集中力が欠ける原因として考えられる主な原因は、やる気が出ないことではないでしょうか。さらに、小さいことによく気がつくタイプの人は、ミスが気になって作業の手を止め、思考の海に溺れることも多いでしょう。そこが思慮深い人の長所でもありますが、短所でもあります。
 
次に睡眠不足や空腹。寝不足は思考力・集中力・記憶力の低下になりやすいです。残業続きだと「疲れすぎて寝つきにくい」状態にもなりがちです。多少の空腹はプラスの効果がありますが、限度を超えると気が乱れて、ミスを引き起こす可能性も。
 
最後にプラベートでの懸念事項があったり、別の案件の進捗が気になったり、他に意識が向いている時です。家庭問題、恋愛の悩みは特に「心ここに在らず」の状態になりがちです。仕事をしなくちゃとわかってはいても、気になって手がつかないこともあります。
 

やる気が出ない時に試したいこと

自らに暗示をかける方法です。催眠術とか怪しいものじゃないです。ちょっとした「おまじない」という名の意識改革です。
 

仕事がペースダウンする時間は休憩時間にする

仕事が忙しくないのであれば、「●時はお茶の時間!」と決めます。私は小規模の会社に勤めていた時は、自分と社員の方のコーヒーを淹れていました。
 
自分だけ休むのは罪悪感がある場合、同じ部署の人も巻き込んじゃいましょう。心置き無くブレイクできます。もちろん、他の人の用意で負担に思うなら、無理にする必要はありません。自分だけ気分転換しましょう。
 

早く帰れると思いこむ

例えば、現在の時刻が11:00だとしましょう。定時は17:00です。9:00から就業して2時間頑張ったところです。「お昼まで、あと1時間かぁ……」と中だるみの時間ですね。
 
「今日の私は11時出社。たった今、来たばかりだから終業まで6時間」と思いこみます。
 
疲れが出ているのは「朝から2時間やっている」と思っているからです。そこを意識チェンジし、「あと1時間で休憩。1時間ぐらい頑張ろう」と頭を切り替えます。モチベーションアップを図るのにおすすめの方法です。
 
先輩にこの方法を教えてもらった時は「ええーそんな無茶な」と思ったことがあります。ですが、徐々にこの方法に慣れると意外に使えるテクニックですよ。嘘でも「早く帰れる」という感覚はうれしいことですので、気分が少し上向くはずです。
 

件数をかさ増しする

やってもやっても終わらない単純作業は、なかなかやる気が出ないものです。「そもそも、どうして私が……」「こんなにやっているのに全然終わらない……もう飽きた」などネガティブなことも考えがちです。ロボットのごとく、スピーディーに仕事をこなすためには、その感情を取り払いましょう。
 
例えば、300件の仕事があったとします。残り220件です。まだまだ半分以上もあり、やる気も出ません。こういう時は件数をかさ増しします。
 
「800件の仕事がある。納期まで絶対間に合わない。とにかく余計なことは考えずに、一件でも多くやらなきゃ」と思いこんでみてください。
 
300件の納期がいきなり800件になったら、えらいことです。無理難題です。「やる気でないなー、新発売のプリン食べたいなー」なんて悠著に考えている暇はありません。一時的でも感情をシャットアウトすれば、作業効率が飛躍的にアップするかもしれません。
 
ちなみに私は毎回この方法で、納期よりかなり早く納品できるようになりました。
 

通勤時間や休憩時間に読書をする

活字を目で追うことは、その情景を頭の中で描きながら物語を読み進めていくため、頭の体操にちょうどいいです。まずは5分でも10分でも、短い時間から試してみてください。少しずつでも毎日行い、習慣にしましょう。
 
読書がちょっと苦手という人は、無理にビジネス書を読む必要はありません。好きな本を読んでいいんです。その方が読むのも楽しいですし、脳にもいい刺激になります。私の場合、ライトノベルを読んで作業効率を図っています。
 

睡眠不足や空腹時におすすめ対処法

眠気はコーヒーで意識を覚醒させる方法もありますが、日頃からカフェインを飲んでいる人や常時睡眠不足の人には、劇的な効果は見込めないでしょう。空腹状態は次第にイライラにつながり、周りにも迷惑をかけることになりかねません。
 

酸っぱいものを口にする

私が愛用しているのは「男梅」という飴。これがものすごく酸っぱくて、癖になります。コールセンター時代に同期からもらってからハマった口でして、酸っぱいものは脳の刺激になるので、だるいなと思っている時や眠気で目が開かない時にうってつけです。
 

 

質のいい睡眠を心がける

ストレスフルだと、せっかくお布団に入っても、すぐに眠りに入るのが難しい場合もあります。心身ともにリフレッシュするためには、良質な睡眠を心がけたいものです。
 

  • 朝は味噌汁を飲む
  • カフェイン愛飲者はノンカフェインに変えてみる
  • 睡眠30分前から照明を暗くする
  • 寝る前に柔軟体操をするなど、体をほぐす
  • 温かいお茶やホットミルクを飲む
  • パジャマを新調する
  • 夏はあらかじめ部屋を涼しくしておく
  • 冬は布団乾燥機で布団の中を温めておく
  • 楽しいことを考える(発売日や仕事を頑張ったご褒美など)
  • 寝る前にスマホをいじらない

 
授乳中でいろいろノンカフェインのコーヒーを試しましたが、これが一番美味しく感じました。これはコーヒーらしい味がするので違和感も少ないです。

 
布団乾燥機でお布団を温めておくと、ぐっすり眠れます。特に冷え性の人におすすめ。 

携帯非常食を常備する

恥ずかしい話ですが、私は勤務時間中によくお腹が鳴ります。とても集中している時は鳴らないのですが、雑念だらけの時はぐうぐうとよく鳴ります。
 
よくお腹が鳴るタイプの場合、だいたい鳴る時間が決まっているかと思います。その時はお腹が鳴るのを見越して、事前に間食を済ませておきます。毎日ではないですが、「あ、今日はやばいな」と思った時は8時or10時、15時に食べていました。
 
プリンやヨーグルトでもいいですし、携帯非常食もおすすめです。私は一本満足を冷蔵庫や机の中に忍ばせていました。
 

  

仕事やプライベートの悩みの対処法

仕事が手につかなくなるほど、困っているなら早急に対処する必要があります。
 

身近な人に相談する

「こんなことを言っても、相手を困らせてしまう……」と誰にも相談できずに溜め込んでいませんか? 周りの人は直接に口に出さないだけで、あなたのことを気にかけているかもしれませんよ。
 
一人で溜め込んでいて解決できない場合、思い切って誰かに相談に乗ってもらいましょう。解決とまではいかなくても吐き出した分、少しはスッキリするかもれしません。さらに人に話すことで、自分の考えが固まる可能性もあります。
 
私の場合、一回りも二回りも歳の離れた友人がいますが、人生経験が豊富な人に相談するのも一つの手です。もちろん、歳の近い同期でも構いません。身近に口が固い人がいれば、ちょっと相談してみるのも手です。
 

専門家に相談する

法律や家計の見直しはプロに相談するのがいいでしょう。
 
親が連帯保証人で実家を競売にかけられそうになった時、「任意売却」という方法を教えてくれたのはプロの方でした。法律専門家に無料で相談ができる日を設けている自治体もあります。相談日や場所はあらかじめ指定されていますが、プロに無料で相談できるので、お住まいの自治体に問い合わせてみるのもおすすめです。
 
保険や相続、住宅ローン、子育て資金、老後資金などで不安がある場合、FP(ファイナンシャル・プランナー)に相談してみることをおすすめします。無料で相談に乗ってくれるところも多く、子育て中で外出が難しい場合は自宅訪問型タイプもあります。漠然とした不安をお持ちの方は、まずは無料の相談を利用してみてはいかがでしょうか。
 
▼訪問型FP「保険見直しラボ」
老後の準備は万全?【保険見直しラボ】-無料相談-

 
結婚を機に今後の人生プランを明確し、老後資金の準備まで抜かりなく用意して「本気で資産設計の見直し」と「それに関わる有能なアドバイスを受けたい」という方は、有料のFP相談を利用しましょう。営業抜きで、本当に自分にあった資産設計を提案してくれるはずです。
 
▼自分の地域のFPを探すには
各支部ホームページ | 日本FP協会
 

自分に合った方法を見つける

上記で紹介した方法は、私が日頃から実践している方法や先輩から教わったものです。人によって合う・合わないがあると思いますので、いろいろ試して「これだ!」と思う方法を見つけてみてくださいね。
 
やる気が出るまで待っていても、仕事は片付きません。やる気はあとから出てくるものです。やる気が出ない時は余計なことを考えていることが多いため、まずは仕事に集中できるように意識改革から始めてみてはいかがでしょうか。