読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヲタク系女子がママになりました

漫画とアニメとゲームをこよなく愛する日々に、育児が追加されました。

ランサーズの源泉徴収の計算が合わない理由


 
在宅ワークを始めて早2年、これまで源泉徴収される案件もいくつか受注してきました。実は源泉徴収されるときだけ、計算式が合わないんですよね。
 
でもシステム上の計算なので間違いでもないだろうし……と考えるのを後回しにしていましたが、やっと原因が分かったので順を追って解説します。
 

キーとなるのはシステム利用料

まずは源泉徴収されない場合を見てみましょう。「税込み、システム利用料込みの単価」という低安価案件の計算例です。
 

源泉徴収されない場合

 単価:500円(税込)
 件数:10件
 合計:500×10=5,000円
 システム利用料:5,000円×20%=1,000円
 手取額:5,000円-1,000円=4,000円
 
10万円以下であれば、システム利用料は20%です。
 
上記では、ちゃんと20%で計算されているので、ここまでは問題ないですね。問題は次です。今度は「税別、システム利用料別の単価」という良心的な案件での計算例です。
 

源泉徴収される場合

 単価:500円(税別)
 件数:10件
 合計:500×10=5,000円
 源泉徴収分:(5,000円÷0.8)×10.21%=638円(切り捨て)
 税込報酬額:5,000円×1.08=5,400円
 手取額:5,400円-638円=4,762円

※1円程度の誤差が出る場合あり

 
ちょっとわかりにくいですね……システム利用料は源泉徴収の計算式に含まれています。システム利用料は20%でしたね。案件受注時にシステム上の自動計算では「÷0.8」で計算されているようです。
 
なぜ計算式が合わないのか、その回答はずばり「システム利用料の計算が合わないから」だったのです。この「0.8」がそもそもおかしい。源泉徴収するときだけ、ランサーズが余分に手数料を取っている計算になります。
 
本来:5,000円×0.2=1,000円
実質:5,000円×0.25=1,250円
 
「÷0.8」は実質0,25をかけたことと同じなので、システム利用料が、本来より250円多めに計上されているわけです。源泉徴収のどさくさに紛れて、手数料が少しかさ増ししてあるようです。
 

疑問は解決したけど

公式サイトでは源泉徴収額の計算例で「システム手数料は20%」と記載されていますが、実際の手取りと源泉徴収額から導き出した答えは違うんですよね。これはグレーなのか、アウトなのか……。
 
Q&Aを見ると、公式は質問してもうまくはぐらかしているようですが、正直に25%と書いてほしいですね。何度計算しても、差し引かれている源泉徴収額が合わないんだもの。
 
とはいえ、今まで低安価案件ばかり受けてきた身としては、良心的な単価設定の案件の場合はそれほど問題ではないかなと。源泉徴収された後の手取額と比較しても、報酬額がぐんと増えたので……切実に税込み単価はたいした収入にならないから受注したくない。

広告を非表示にする