ヲタク系女子がママになりました

漫画とアニメとゲームをこよなく愛する日々に、育児が追加されました。

神戸市のインフル予防接種代が安い病院はどこ?


 
11月に入り、インフルエンザ予防接種の時期がやってきました。
 
神戸市では満1歳~13歳未満を対象に、1回目に限り1,360円が助成されます。助成券は契約医療機関に置いてあるので、予診票と一緒に受付で渡されると思います。
 
しかし、助成後の金額でも親子で8,100円かかり、「これは高すぎやしないか……」と調べてみました。予防接種は自由診療になるため、病院によって値段が違うようです。
 

 

ワクチン不足による影響

2016年はワクチン製造の大手でもある化血研(化学及血清療法研究所)が熊本地震で被災したため、供給不足になっていました。
 
2017年は流行すると予測していたウイルス株の選定を急遽変更したため、ワクチンの製造に遅れが出ています。予約をストップしている病院も多く、厚生労働省は、13歳以上については原則1回の接種を要請しているようです。
 
かかりつけ医の病院は、10月中旬は予約ができませんでしたが、10月30日に予約が取れ、11月1日に予防接種してきました。ただ、4週間後の予約は取れませんでした。今年のワクチン事情は結構深刻みたいですね。同じ地域でも違う病院は予約OKという場合もあるので、電話で確認してみることをおすすめします。
 

インフルエンザが流行する時期

予防接種の効果はだいたい2週間後で、5ヵ月程度は効果が続くとされています。流行は12月や1月から始まりますが、9月や10月にもインフルエンザの患者が出ることはよくあります。
 
うちは調剤薬局に貼り出されている「感染症の発症人数」の用紙を見ながら「お、意外に多いな……うちも気をつけよう」とチェックしています。
 
一人が発症したら、保育園や学校全体で連鎖的に発症するのが、インフルエンザの怖いところです。小さい子供や受験生がいる世帯は、予約ができるうちに早めに接種しておくと安心かもしれません。
 

神戸市で3,500円以下で受けられる病院

残念ながら、1歳未満は神戸市の助成金が受けられません。6ヵ月以後なら予防接種を受けてもOKという病院もありますが、1歳未満はかかりつけ医と相談してみましょう。早生まれの娘は、0歳11ヵ月のときに2回とも全額自己負担で受けました。
 
13歳未満は3,000円前後、13歳以上は4,000円以上というのも珍しくないです。神戸市の場合、3,000円~3,500円なら比較的安いといえそうです。
 
料金を安くすると予防接種者が殺到することから、あえて高くしている病院もあります。料金が高い病院は、受付や診察の待ち時間が短い可能性がありますので、料金だけで判断しない方がいいかもしれません。
 
神戸市でのインフルエンザの予防接種料金が安い病院をまとめました。「他にも安いところがあるよー」という方はコメント欄にてお知らせいただけるとうれしいです。
 

きむら内科医院(須磨区)

家族や夫婦、友人など二人以上のウェブ予約限定「インフルエンザ予防接種特別割引」があります。そのほか「受験生割引」「かかりつけ割引」もあります。
 
65歳未満で割引サービス対象の場合、500円割引され、2,500円で接種できます。予約時に「インフルエンザ予防接種予診票」をプリントアウトして記入の上、持参すると受診がスムーズです。

年齢1回目2回目割引後
生後6ヵ月から12歳まで 3,000円3,000円2,500円
13歳以上65歳未満 3,000円2,500円
満65歳以上 1,500円

 

〒654-0103
兵庫県神戸市須磨区白川台3-62-1 ニューライフ白川台 西棟1F
 
地下鉄名谷駅から市バス70系統「白川台センター前」下車 徒歩3分。市バス83系統「城山橋」下車すぐ
 
■公式HP:http://kimuraclinic1971.jp/index.html
■予防接種の詳細:http://kimuraclinic1971.jp/prevention/immunization.html

 

やました皮フ科クリニック(東灘区)

インフルエンザ予防接種のみで受診する場合、火曜日(14:00~17:30)と土曜日(14:00~16:30)の専用予約枠で予約します。皮膚科受診も一緒にするときは、診療時間内に行います。
 
13歳未満の子どもと同時に予防接種する場合、保護者は3,000円で受けられます。親子で受けるときは最安ですね。予約は電話のほか、インターネットからもできます。

年齢1回目2回目
1歳以上13歳未満 2,000円2,000円
13歳以上65歳未満 3,500円3,000円
満65歳以上 1,500円3,000円

 

〒658-0053
神戸市東灘区住吉宮町4丁目4-1
KiLaLa住吉2F
 
JR「住吉」駅・六甲ライナー「住吉」駅南出口より連絡橋で直結(徒歩1分)
 
■公式HP:http://pure-skin-clinic.com/index.html
■予防接種の詳細:http://pure-skin-clinic.com/influenza.html

 

吉岡クリニック(東灘区)

初めての方のみ、「EPARKのネット受付」から予約ができます。
 
下記の表は、神戸市在住の方の税込み価格です。2回目の価格は、同じ医療機関で受けた場合のお値段です。

年齢1回目2回目
1歳から12歳まで 2,500円2,500円
13歳以上64歳未満 3,500円2,500円
65歳以上 1,500円

 

〒658-0016
兵庫県神戸市東灘区本山中町3-1-1
TEL:078-411-7909
 
JR摂津本山駅(JR東海道本線、神戸線)より徒歩10分
 
■公式HP:http://www.yoshioka-clinic.net/index.html
■予防接種の詳細:http://www.yoshioka-clinic.net/original6.html#influenza

 

HAT神戸つじ内科(中央区)

電話やインターネットから診療予約ができます。インフルエンザ予防接種のワクチン在庫については、公式ホームページに随時情報が追加されていますので、チェックしてみてください。
 
12歳以下の子どもは、神戸市助成金込みで2,500円となっています。

年齢1回目2回目
12歳以下 2,500円2,500円
13歳以上65歳未満 2,900円
満65歳以上 1,500円

 

〒651-0073
兵庫県神戸市中央区脇浜海岸通2-2-3
ケーズHAT神戸メディカルモール3F
TEL:078-261-1005
 
■公式HP:http://hat-naika.com/
■予防接種の詳細:http://hat-naika.com/original8.html

 

あだち耳鼻咽喉科(東灘区)

事前予約が必要です。予約はインターネットからもできます。ワクチン接種は在庫管理のため、月・火・水・金・土曜日の午前中のみとなっています。
 
下記の表は神戸市に住民票がある方の金額で、神戸市外の方ですと金額が高くなるのでご注意ください。

年齢1回目2回目
1歳から12歳まで 3,000円2,500円
13歳以上65歳未満 3,000円
満65歳以上 1,500円

 

〒658-0016
神戸市東灘区本山中町4-1-3
TE:078-431-1133
 
JR摂津本山駅の南側改札を出て、南東へ徒歩約8分
 
■公式HP:http://kobe3387.com/index.php
■予防接種の詳細:http://www.kobe3387.com/wp/?p=270

 

公式サイトに最新価格がなかった病院

価格はあくまで目安です。真偽が不確かなため、事前に電話で確認されることをおすすめします
 

ちかしげクリニック(須磨区)

予防接種は事前の予約が必要です。ワクチン在庫の関係からか、通院歴がある方限定というケースがあるようです。価格は年度によって変わるため、ご注意ください。
 
料金:2,500円(2012年度の価格)
公式HP:http://chikashige-clinic.com/index.html
 

フラワーロード服部内科(中央区)

インフルエンザの予防接種は予約制で、料金が前払い制となっています。
 
料金:1回接種3,000円、2回接種5,000円(2011年度)
公式HP:http://www.hattori-naika.com/
詳細:http://www.hattori-naika.com/influenza_2011.htm
 

三都ブレインクリニック(中央区)

インフルエンザの予防接種は、13歳以上65歳未満のかかりつけ医がいない方のみが対象。電話予約での受付となっており、あらかじめ予防接種の時間が決められています。
 
料金:2,800円(2011年度)
公式HP:http://santobcl.com/
詳細:http://santobcl.com/influ.html
 

大西内科クリニック(東灘区)

料金:3,000円
公式HP:http://onishi-naika.com/index.html
 

インフルエンザの予防接種は必要?

夫や娘はインフルエンザの予防接種を毎年しています。ですが、私自身は今まで受けたことがなかったのです。過去に感染しても大した熱もなく、お金もかかることから受けたいと思えませんでした。
 
ですが、2歳の娘に移されてから考え方が変わりました。ただでさえ、小さい子供の風邪が移ると、風邪菌が倍以上になって襲ってくるのに、インフルエンザを移されたときは本当に死ぬかと思いました。41度の高熱にうなされながら元気な娘の世話をし、リアルで目が回りました。
 
予防接種は完全に防ぐことが目的ではありません。インフルエンザにかかったとしても症状を軽くするのに意味があります。型が一致しないと無意味という話もありますが、一致したときは効果があるのも事実です。
 
保育園に行くと、感染症は基本的に移ります。そして、子供から看病している側に感染する確率も高いです。抗体ができていれば、症状を軽くできるかもしれません。